しょうたいはけもの

朝風呂から上がって髪を乾かそうと、
いつものようにベッドの方を向く体勢でドライヤーをかけ始めたところ

私の視線の正面には、羽根布団にもっふり沈んだグレコさんの姿があったんだけどさ。

しれっとした顔で目が合ったところから
一転蕩けそうな表情で伸びをしやがる、
その間ずーっと私を見つめながら。

アンタなにそれまるで魔性の美少年みたいな態度ですけど・・・!!
ーーーーー!!!(←声にならない悲鳴)

と、飼い主驚愕。

・・・って感じで毎日面白いです。
猫同士も色々刺激があって楽しそうだしさ。
相変わらずな深夜の運動会はやめて欲しいけどね。


ところで椎名林檎&宮本浩次「獣ゆく細道」が
すっげえな
みんなが気づき出しちゃったことまるっと言ってる

もしかして
未だ自覚したくない人も多数だろうけど
みんなで渡れる安心な広い道なんかないし
全員自分ひとりしか通れない狭い道をいくのだ
全員が自分を全うするって実に健全ではないですか。

CHATO # by b-timai | 2018-11-11 14:24 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)

別人28号

前回の通院から2週間経ったので経過を診てもらいにグレコさんを病院へ連れていった3日は、文化の日。


いつもなんだかんだ午後16時以降になるところ今回は午前中に連れて行けたんだけど、なんと祝日って午後は休診なのだった。そこ認識してなかったのに、なんとなく「今日は早く行っとこ。」と思った私の野生のカンもなかなかなものがある。(←ドヤ)

で。前回までの傷の治りスピードが速かったので、今回通院時にはもうふさがってるものと思ってたんですよね。私だけではなく先生も思ってたらしい。だがしかし最後に来て傷も粘りだしたといいますか、要するにあと一息からが長いカンジ。

というわけで一番初めに虫の除去とかの処置をするために刈った傷周りの毛も伸びて、傷に入り込みそうな感じになっていたためまた刈り込んだのと。

朝晩コットンに水をつけて傷を拭く&肉の盛り上がりを助ける軟膏を塗るって処置を教わり、例の2週間持続する抗生剤も打ってもらって帰宅。


今回診察台に上がったグレコさんを見て先生が「うわーすっかり家猫の顔になったねえ。」って言ってたんですが、その後毛刈りの補助で入って来た看護師さんも「顔が変わったー!」って驚いてた。

なんと言いますかグレコさんて猫の割に表情が豊かというか、きりっとした顔で寄って来たのに撫でられたとたん目じりが下がるくらいの勢いでデレるんですよ。面白いヤツだよ。

肩とか骨盤のごりごりがやや和らいで、お腹はすっかり丸くむっちりしてきて、体重は2.85Kgに増えてた。

にゃる子さんともすっかりなじんで一緒に遊んでるのはいいんだけど、深夜の運動会はやめてけろってカンジー。


あとの変化と言えば。
にゃる子さんが、自分一匹だけだった時より甘え方が濃いくなったっていうの?
べったり度があがったみたいな。
グレコさんてご飯とかトイレとか遠慮なく積極的にグイグイ行くタイプで、そのへんにゃる子さんは全くもっておっとり譲ってるんですが、(猫ベッドもグレコさんにとられてる(笑))人間に甘えるところだけはちょっと前に出ることにしたんですかねー。

CHATO # by b-timai | 2018-11-04 21:30 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)
今日は久しぶりに退屈すぎて倒れそうになったー。
つまらないってマジつまらない。
どう頑張っても私には興味が持てないんだけど
ほんとはみんなも興味ないのに
大事であるみたいな芝居をしてるだけなんだろうね。
ぶっこわしたい
えう けーろ ぶっこわしたい あかるく

どうふるまっていいのかわからなくて固まってると
首周りが凝ってエラいことになるわ。


対症療法としては脳内猫様を召喚して緩む、が有効だけど
つまらないをガマンするってほんとに意味ないからなあ。

そんな時でもなにか他で
データ取りに行きたいものが見えてれば問題ないんだけどさ。
今現在それがないのがキビシイ。




CHATO # by b-timai | 2018-10-31 23:25 | 茶飯事 | Trackback | Comments(0)

グレたんの誕生日

本日は久方ぶりの朝帰り、仙台からバスで。


超運よく隣があいていたので2席使って横になって寝られ、やろうと思えばそのまま一日活動できるくらい回復したけど、もちろんウチ帰ってきっちり寝なおしたよね。

9月に行った別所温泉とか10月の壱岐とか、今回の仙台とか、書きたいけど全然追い付いてないけど、とりあえず今一番アツい猫ネタつぶし。


グレコさんが今いくつなのか、こないだ病院連れてった時に聞いたんですよ。
猫の年齢って歯でわかるようなんだけど、グレコさんは歯の先が折れててはっきりしないんだって。

「まだ若いです。」って言われたんだけど、先生それは私でも見たらわかります(笑)って感じでさ。

感覚的には1歳前後に見えるんだけど、猫って主に3月から4月に生まれることが多いって言うからじゃあ生後半年か1歳半か?って思って。でもなんかピンとこないし。

しかしネットで検索したら秋も猫の出産シーズンらしいのね。だったら1歳くらいじゃ?って感覚も間違ってないなと思って。

迷い込んできたグレコさんは去勢手術を受けてなかったので、今回入院中にしてもらったんだけど


~~~以下私の想像~~~

秋に産まれてまだ小さかったので前の飼い主は手術のタイミングを計っていた
ところが春とか初夏の陽気のいい頃にグレコさん脱走
(当時生後半年だとするともう雌の発情期に反応しちゃったのかも)
夏の間調子よく野良ライフを送っていたが
首輪のトラブルでピンチに陥り野生のカンを発揮して
助けてくれそうな人がいるところへ避難した


・・・みたいな。


というわけでグレコさんの誕生日は10月31日に設定することにしました。
いやだってほら、「L」なわけだしさー?

CHATO # by b-timai | 2018-10-28 15:11 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)

妖精グレたん

グレコさんは15日に退院し、昨日20日には先生に様子を見せに通院したところ。


グレコさんのスゴイところ
・ものすごく水を飲む
・骨格標本かと思うほど痩せている
↑症状的に獣医さんが腎機能とか糖尿病とかを心配してたんだけど
血液検査の結果は全く問題nothing。

・ものすごい快便くん
↑便秘がちなにゃる子さんまでなぜかつられて?最近お通じがよくなっており・・・
おまけに飼い主までもが少々つられているあたり・・・


傷はほんとに小さくなってもうすぐふさがるだろうなあって感じ。
入院中に打った2週間持続する抗生剤がそろそろ切れるということで
また打ってもらい、それが切れる2週間後にまた通院して
おそらくそれで終了でしょう、って診たて。

よく食べ、よく出し、まだまだガリガリではあるけど順調に体重も増え
この日は2.55Kg。



退院してきたその日、キャリーから出た途端にゃる子さんと鼻を突き合わせてあいさつし
お互いシャーともいわず、しかし流石にいきなりなじめるわけでもなく

台風の時に作った例の屋根付き居室を家の中にセットしておいたんだけど
そこでは自分の姿が完全に隠れないので落ち着けなかったらしく

こそこそ家中をチェックした後、気に入ったのは
ベッドの下に積み上げてある靴の箱の狭い隙間

ガリガリのグレコさんは入れるけどにゃる子さんは入れないサイズの隙間に
収まって2日間引きこもっておりました。
とは言えトイレとご飯はちゃっかりこなしておりましたがねー。
人間にかまってもらうのは大好きで
私がいる時は出てきてまとわりつき、撫でられると大きなゴロゴロ音を発してご満悦。


そうそう、使われなかった居室は屋根を外して
2Fのお姉さんにいただいた猫砂を入れ
臨時の増設トイレとして置いておいたのよ。
元々のトイレは遮るものが何もなく、落ち着かないだろうなと思って。

そしたら2匹そろって両方を使いだしてなんだかよくわからない感じ。


おかしかったのは元々のトイレをグレコさんが使った後
にゃる子さんが

「あいちゅ!」「ここでしっこした!あいちゅ!」

みたいな雰囲気でトイレをくまなく嗅いでチェックしてたことね(笑)。
そのお返しなんだかその後、増設トイレを自分も使いだしちゃって。

が、にゃる子さんはなんというか猫がいいとでもいいますか
新人をいじめるとか近づくと怒るみたいな態度は全然なくて
グレコさんがご飯を食べてる背後から寄って行って
お尻の臭いを嗅いだり一緒に遊びたそうにしたり

グレコさんの方がボクまだちょっと受け入れられないんですけど、、、
みたいな風情だったんですが

通院から帰って来たあたりからだいぶリラックスしてきて
なんかここが自分のウチだと納得したんだか?

まだにゃる子さんとくっついて一緒に寝たりはしないものの
かるく追いかけっこをしたり
夜はベッドの上、私の足元で寝るようになりました。
にゃる子さんは枕元とか私のお腹のあたりにいるわけ。

そうです、猫にはさまれて人間は寝がえりもままならない
恐怖と歓喜のパラダイスが復活しちゃってさー。
先月までは突然猫が増えるとか、想像もしてなかったんだけどさー。


ちなみににゃる子さんは口元がへの字タイプ
グレコさんは笑って見えるタイプなのね。

そしてグレコさんはすんごく頭が小さくて耳が大きく
物陰からこっちを覗いてたりすると
グリム童話とか真夏の夜の夢とか、そういう話に出てくる
いたずら好きの妖精を連想させる佇まいなのですよ。
赤いキノコのクッションとか置いてやったら超似合いそうだよ。

CHATO # by b-timai | 2018-10-21 21:29 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)

命名 「L・グレコ」

今日病院に電話して聞いたところ

グレコさんは猫エイズ、白血病共に罹っていないとのこと。
というわけで「株式会社 やりたい放題」は無事新たな社員を迎える運びとなりました。


怪我の方は経過順調とはいえ、なんせ傷が大きいので
治るまでにはそれなりの時間がかかりそうってことで
当初予定の土曜日には退院させず、そのまま一週間延長するかも。
平日昼間は留守番させることになるので
引き取るのはある程度安心できる状態になってからがいいし。

しかしなにしろ外猫なので入院がストレスになる可能性が、って
先に獣医さんが言っていたので
「そこらへんは大丈夫そうですか?」と聞いたら
「なんかそういう子じゃなかったですねー。」だって。

確かに病院の診察台でも割と落ち着いてたしな(笑)。


そして彼の正式名は「L・グレコ」に決定。
画家の「エル グレコ」由来なんだけど当て字というか
こじつけたっつーか。
ここで「L」につながっちゃうとはねー。

楽器ブランドのグレコで見ても
ばくちくのユータ氏がグレコのベースを使ってるみたいだし。


先輩OLにゃる子さんとの相性がどうか、とか
なんかしらんけどあんまり心配ないような気がするし

というか、にゃる子さんは遊び相手が欲しいんだろうな
と最近思っていたしで

(私がネットしてる時に膝にのって一緒にPCモニターを見てるんだけど
犬猫動画が映ると身を乗り出して
「あ、あっ!!」とか声をかけるんですよ。
子供が友達見つけたみたいな感じで。)


しかしなによりも
グレコさんがウチのアパートを選んで居ついた
野生のカンがスゲエと思うのね。


CHATO # by b-timai | 2018-10-04 02:40 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)
まあグレコはオスでも使える名前ですよねー、とお姉さんになだめられつつ二人でアパートへ帰宅したわけですが。


「じゃあ今後のことは○○さん(←私)にお願いしていいんですか?」
「うん、やってみる。」

と話しながら、階段下に作った部屋とかご飯入れとか、必要なくなったものを片づけて

階段を登っていたら、お姉さんのママがワンコを抱いて踊り場に立っていたので
「猫入院させてきましたよー、首輪も取ってもらって。」と報告し

お姉さんに「じゃあ退院したらまた連絡するね」と言って別れる際に
「後でお部屋行っていいですか?」と聞かれ


その3分後くらいにお姉さんはやってきた、猫砂とか猫レトルトを持って(笑)。


「今日これ買ってきたんだけど要らなくなったので使ってください」
「あとこれ私の電話番号」

と、渡された封筒にどう見ても現金が入ってる様子なので

「ちょっと待ったー、これは受け取れないんだけど!」と中を改めたら
今日の処置料と入院代より多い額が入ってるし。

「いや、これから〇〇さん(←私)にすべて任せてしまうので」
「この後も通院費とかかかるだろうし」
「母もこれは絶対受け取ってもらえって言ってます!!」
とお姉さんは一歩もひかず

「わかりましたー、じゃあありがたく頂戴します!」
「ヤツのことよろしく頼みます!!」

と、熱く約束を交わした私たちなのでありました。


なんというか・・・犬猫のためならいきなりこんなに結束できるってのが
謎なペット可物件の住民たちだよね・・・。


で、そこでまた気が付いて、他の住民向けに
「猫は今傷の治療で入院してますのでご心配なく」
と1階に張り紙をしに行った(笑)。
急にいなくなったけど大丈夫か、とみんな思うだろうなと思ってさー。


で。

この後どうなるのかは、グレコさんが退院してからのお楽しみということで。

CHATO # by b-timai | 2018-09-30 21:38 | にゃるる族 | Trackback | Comments(0)

日記と覚え書き           

BY CHATO