にゃるる属 buchiko.exblog.jp

日記と覚え書き           

BY CHATO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
中古マンションのリノベとか言っても
一体なにをどうすればいいのかわからないにゃーと思って

アマゾンで関連書籍でも探してみるかと見てたら

全然関係なく島本和彦の漫画がキンドル読み放題で読めることに気付き
なんか一か月無料お試し期間もあるらしいのでアプリを落とし

よく見たら読みホの中にリノベ関係の本もあったしで
何冊かダウンロードしてみたりして

してみたところでやっぱよくわからんのだわー。
大根を買うように物件買える体質になってみたいわ。



こないだ伊豆の断食道場へ1泊2日の体験コースに行って来たんだけど
断食道場行くのに普通食のプランで予約してて
なんでかっていうとそこの施設、ご飯がめちゃ美味しいっていうので

週末プチ断食くらいはたまに自分で勝手にやってるし
お手本になる理想的な食事(しかも美味しい)を体験する方が
私にとっては重要なわけなので

実際マジで美味しかったし、素材の選び方や
調理方法も参考になったんですけど

気づいたのは、食べ方でおいしさって変わるんだってこと。


普段のペースだったら15分で食べ終わるような量を
まったり45分かけて食べてみたんですが

(それを特に指導されたわけではないんだけど)
(出て来た料理のボリュームを見た瞬間に自分が
「これはなるべくゆっくり食べないと空腹感で倒れるな!!」って思ったから 笑)

そしたらその量で満腹になった上に
食べ物の味をいちいちものすごく感じることができて

例えば一口大の粉ふき芋が何個かガラスの器に入って出て来たんですが

1.口に入れた時の芋の香り
2.前歯が食い込むときのちょっとした歯ごたえ
3.その後のホクホク感と軽い塩気
4.噛んでいるととろりと舌にまとわりつく食感に変化
と共に味の感じ方も変わる、甘みが出たりなど
(↑これも3段階くらい移り変わるカンジ)
5.飲み込む時ののどごし

普段なら1~3で終了、ながら食べだと3だけしかわからない

なんだなあって思ってさー
やってみると4のところがものすごく重要なんだよね
これを感じられると満足感がものすごく上がるんですねー


試しに帰って来てから普段食べてる物をゆっくり食べてみたところ
ちゃんと味の感じ方が豊かになりまして

でもホームだと食べる量って自分で決められるから
切実にゆっくり食べる必要がある量まで落とすのはなかなか難しく(笑)
道場にいた時ほどにはゆっくり食べられてはいないんだけどね

そしてせっかく気づいたこんな感覚も徐々に忘れてしまうんだろうけど
たまには道場へ行ってリセットしたいなと思いました
あー、あとたった1泊2日で味覚が変わったのもすごかったな

自由に飲めるよう用意された飲み物が何種類かダイニングや客室廊下にセットされているんだけど、
ハブ茶や野草茶、梅湯とか味が淡泊でごく薄いものばかりなのね

帰ってきていつものようにインスタントコーヒーと牛乳でカフェオレ作って
砂糖もふだんより控えめにしたのに
「ん???なんかしつこいな」って感じて驚いた。
まあすぐに慣れたけども(笑)

というわけで、普段のご飯をおいしく食べる方法を知ったので
日々の幸福感が上がりましたとさ。



・・・とそこで終わればとてもマーベラスな日常だったんですけど
残念なことに数日前に洗濯機が壊れまして。
たまに異音がするなとは思ってたんですが
洗濯槽の底の羽がついたお皿みたいなパーツ、あれが外れてて

中央のネジがゆるんで取れたのをドライバーで締めなおして
試しに脱水で回してみたところ当然と言うかすぐに緩んでヤバげな音がしちゃってさ

一旦は通販でお皿(パルセーターというらしい)を買って交換しようと考えてみたものの
しかしネジをきちんと締められる自信がない上に
6Lの洗濯機が2万円台で買えることにも気付き
さっきヨドバシでポチってみたところ。
来週4連休があるからどっかで設置してもらえるだろうしな

モーターやら、お皿以外の機能は問題ないので
そして買い替えるのなら引越しの時に、なんて思考も浮かんで
すんごい汚れてたお皿の裏側や洗濯槽の底をキレイに洗ってみたりはしたんだけどもねー。


で洗濯機が壊れた、からの買い替えるなら引越し、からの冒頭の話に戻るけど

賃貸契約なら何度もやってるからわかるけど
不動産購入&工事ってどう考えてどこに相談したらええんやろな
そもそも自分の希望が具体的になっとらんから相談のしようもないんだけどさ
だいたい住みたい場所の的すら絞れてないからなー(ふんわり)


とにかく思いつく希望を好き放題書くと

環境について
・地盤がよくて海抜も低くない土地
・落ち着いた空気感
・自然が感じられる
・治安がよい
・車なしでも生活の便がよい

建物について
・ベースが頑丈(笑)
・50平米は確保
↑以前は広いほど良い派だったけど、最近は機能的であればコンパクトなのもよいかなと思い始めてる
・天井が低いのはだめ
・日当たりほどほど&風通しがよい
・ベランダが広いといいなー
・低層マンションがいいなー

リノベ案について
・ベッドルームはコンパクトで風通しよく
・ウォークインクローゼット(ちょっとした作業スペースあり、アイロンがけとか)
・洗濯→干す→クローゼットの動線が短くまとまってる
・独立の素材収納ルーム(猫がいたずらできないよう)
・バストイレ洗面を仕切らず、おされなタイル張りとかで海外ホテルみたいに
・残りをLDKで広く

今住んでる家も50平米はあるんだけど、
ちょっとヨガを・・・みたいな運動を気兼ねなくできるほど
まとまったスペースがないんですよね
そこずっと気になってるのでなんとかしたい。


うん、やっぱ書き出すとなにを求めてるのかイメージがつかめてくるねえ。

CHATO # by b-timai | 2020-07-19 01:08 | 茶飯事 | Comments(0)

大移動

ここの家に住んで丸8年が経ちますが、今月末が契約更新なのね。
5月半ばに「更新する?しない?」って確認の書類が届いたわけよ。

それ見て
「あー、引越ししたいかなー。」と思った私。
基本ここの建物は気に入ってるんだけど
なにしろこないだのお片付けで限界が見えて

引越しって強制断捨離が起きるからいいかもーなどと考えました。


引越し先に求める条件としては
・冬異常に寒くないこと
・今より駅に近いこと


マンションでも買うたろか?と物件を見てみれば
売りに出ている手頃なマンションて築年数が結構なヤツばっかで
どうにも間取りが古臭いんだよね。
判で押したようになぜかリビングの横についてる和室とかさ。
猫いると和室は危険なんだってばよ。
ヤツらでっかい爪とぎ場としか思わないんだからー。


で、そのうち

安い中古マンションを買ってリノベーションする

って手法にぶちあたり
WEBカタログを見てみれば
お洒落で使い勝手がよさそうなお部屋がいっぱいで
すっかり夢が広がっちゃったんだけど


さすがの私でも
5月半ばから物件探してリノベ開始の6月末入居はムリだとわかるので
おとなしく今の所を更新しましたと。


じゃああと二年かけて考えるか、と思ったんだけど

てゆうか、
私が家に対して希望する使い勝手を今から試してみることはできるよな?と気づいて

土日で準引越し的に大がかりな模様替えをしてみたのよね。
おかげで体中に謎のあざができてるわよ。


私の持ち物で異常なウエイトを占めるのは
趣味の手芸の素材
そして洋服

今までは各部屋の広さに対する家具の配置の都合上
収納がばらけていて
特に洋服は2部屋の押入れをクローゼット代わりに使っていた関係で
着替えるのにあちこち歩き回る必要があったのと

見えない収納をしたかったから押入れクローゼットしてたのに
結局あふれて部屋の壁もキャビネも洋服だらけになっていたというのもあり
一度一か所にまとめてみようと


今まで寝室にしてた四畳半に集約してみたら
もうとんでもない眺めが出現しちゃって

タンスが二竿・コートやワンピ用の高いハンガー・シャツやジャケット用の低いハンガー
シーズンオフの靴の箱ひとやま
さらに壁一面のパンツやらスカート
マジで四畳半が埋まってしまい


今までは直視してなかったから脳内逃避の余地があったけど
これはちょっと整理する必要があるよね・・・と
ようやく納得したと。


その他
唯一エアコンがある部屋は8年通して書斎として使って来たのを
寝室にチェンジし

いままで洋服があふれかえって
ドアをあけるたび絶望を感じてた6畳を
書斎兼趣味素材部屋に変更
(給付金をあてにしてipadとキーボードとペンを買ったので
激寒い&激暑い時期は寝室でネットできる仕様になったからさー。)


ベッドやデスクの大物は移動済みだけど
細かいものが全部屋に散乱してるのでおいおい片付けます。
暑くて動けなくなる前になんとかしようではないか。なるかな。


(シカシこんなメンドクサイことをやる気力がわいたのって
コロナ自粛でSTAY HOMEの3か月あまりを過ごしたからだろうねえ)

CHATO # by b-timai | 2020-06-08 00:24 | 茶飯事 | Comments(0)

ローソク観察ダイアリー

その後も日々ワックスとたはむれております。
今まで市販のろうそくの端正な燃え方しか見たことなかったから
自分で作ったヤツの斜め上な溶け方に驚くし飽きない。


↓なんなんこれ

彫刻の森美術館所蔵のモダンアートみたいな
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09404476.jpg
↑流れて溜まってるワックスの色つやが
高級なインカローズを思わせるし



↓冷めてからの質感は
内視鏡で見た健康な胃壁みたいである
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09401548.jpg


反対側では壁に空いた穴の様子と
熱い蝋の流れでえぐれた溝をウォッチング
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09402594.jpg


狙って作れる形ではないところが
萌えポイントでございます
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09400343.jpg



Ver.暖色ちゃんも壁穴からワックス流出
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09410595.jpg



固まった蝋がキレイに外れて
こっちは瑪瑙みたいな質感になりました
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09405569.jpg




肌荒れちゃん(ひどいネーミング)とVer.寒色の2ショット

肌荒れちゃんは燃えてる時の輝きっぷりがスゴイんです
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09413742.jpg


周りのピンクペッパーが焦げだしてキケンなので
燃え移らないようこの後取り除きました

売ってるボタニカルキャンドルも
「連続して2時間以上灯さないでください」とか
注意書きがあったりするんだよね
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09414609.jpg


外壁が微妙に歪みはじめ・・・
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09420127.jpg


更に外側に膨らんできたところ
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09421133.jpg
★★★to be continued★★★





↓雪解け水の湖をのぞいているようでしょ

燃えてますよ
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09422555.jpg


↓この段階にくると
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09424244.jpg


分単位どころか秒単位で変化していくので
目が離せない
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09425120.jpg


こぼれそうでこぼれないという・・・
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09430106.jpg


The☆表面張力
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09431330.jpg




結局踏ん張り切った
Ver.寒色さんでありました
ローソク観察ダイアリー_c0051850_09432546.jpg
お疲れちゃーん


それにしてもみなさん

火が着いていない時の無邪気っぽい愛らしい佇まいと
燃えてる時の妖艶さのギャップがすごくないですか

勉強になるわあ

CHATO # by b-timai | 2020-05-18 00:30 | 作った | Comments(0)

I AM お世話係さん

連休中に作ったヤツを気ままに灯してみている平日

炎の周りにガスのゆらぎ?がオーラのように見えて
眺めていると瞑想的な気分になりますよ


思いつきとその場の流れで作ったキャンドルそれぞれ
燃え方が違ったりするので観察中


ソイのミルキーピンクちゃんは
本体と溶けたワックスの色が全然違うのが面白い
I AM お世話係さん_c0051850_22100775.jpg


みつ郎くんはやっぱり美形
新しく買った芯が合ってるみたいで燃え方がふつくしい
I AM お世話係さん_c0051850_22101526.jpg


んで、芯の違いでプールのでき方が違うんですよね
(燃やした時に溶けた蝋が溜まる部分をプールと呼ぶらしいよ)


並べてみた
I AM お世話係さん_c0051850_22102545.jpg

竹串3本を三角形に並べたヤツ
炎が大きめなのでプールも大きく、周りの壁は開放的に開いている
I AM お世話係さん_c0051850_22103422.jpg

ミルキーちゃんは新しい芯
Ver.暖色は仏壇用ろうそくの再利用の芯

溶けるのに燃えるのが追い付かなくてプールが深くなり
芯の露出が減って炎が小さくなり
屋根付きの洞窟みたいなえぐれた壁になってる
I AM お世話係さん_c0051850_22104330.jpg



更にその後

ミルキーちゃん、壁に穴があきました
I AM お世話係さん_c0051850_22105756.jpg
穴から蝋がどばー流れだしたので
固まったところで取り除き



Ver.寒色は壁が限界に近づいて
溶けだす寸前

こっちも近々蝋の片づけが発生するであろう
I AM お世話係さん_c0051850_22110776.jpg
なんか生き物の世話をしてるような気分になってきて
どんどん情が湧いてくるという

ワックス萌えと言う新しいジャンルを開拓中

CHATO # by b-timai | 2020-05-09 23:33 | 作った | Comments(0)
3日目の研究発表前に本日の猫写真
タイトルは「猫背矯正」


ボクがんばる!!
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18423852.jpg

すごいがんばってる!!
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18424908.jpg

ギャラリーの反応

「・・・・・。」
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18425978.jpg




さて、キャンドル材料第二弾が
昨夜届いたわけなのです。

・バイパーワックス 100g
・香料 ラベンダーローズ 50g
・円筒形アルミモールド(直径50mm×高さ100mm)
・キャンドル芯 10m
・グルースタンプ50枚入(アルミモールドのワックス漏れ軽減)

5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18431464.jpg
そしてソイワックス1Kg

↓見た目シアバターに似ている
(と思って検索したらスキンケアに使うこともあるらしい)
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18432861.jpg

本日の作業テーマは
(1)ルーティンのカラーワックス作成
(2)購入したキャンドル芯の蝋引き
(3)ソイワックスを使ってみる

なんだけど材料が届くのが夜なので
昼間は手持ちでできることを進めておこうということで

まずはカラーワックス
この日はパープルとチョコレート色を作りました。
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18453771.jpg


余ったパラフィンで
(今回はステアリン酸なしのパラフィン100%の試み)


紙コップキャンドルシリーズ第3弾 
Ver.再利用
初日に作ったミニビスケと小豆っぽいアレを埋め込んだモザイク風

表面にはかわいらしくピンクペッパーをトッピング
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18441748.jpg


なんだけど、肝心の本体部分が衝撃の



↓なにこのお肌のボロボロさ加減・・・
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18442697.jpg
原因を推測するに

溶かしたワックスを流し込むときに
あまり高温だと
中に仕込んだパーツが溶けるんじゃないかと思ったもので
固まりだす直前くらいの温度で型に流し入れたためじゃないかと

パーツと紙コップの隙間をきれいに埋められなかったんだろうなー



まあ灯したらそれなり透け感がでてごまかせるってゆーか・・・
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18443471.jpg

そして荷物が届いての夜の部

まずは芯を手頃な長さに切って溶けたワックスに浸け
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18434617.jpg
余分なワックスをキッチンペーパーでぬぐい
真っ直ぐになるよう整えてバットで冷やす
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18435503.jpg

ソイワックス(パラフィン少々添加)で
苺のモチーフを作ってみる+紙コップキャンドルシリーズ第4弾 Ver.マットピンクの仕込み

5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18450490.jpg


固まったマットピンクは下の画像の通り
かなり白っぽくなっててミルキーピンクに改名

ソイワックスはヒビが入りやすいと説明に書いてあったけど
まんまと発生してました。
でも型離れ悪いって書いてあった割には
勝手に型からはがれててコップを破らずに出せたのよねー
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18451279.jpg

↓透け感はほぼなし
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18452173.jpg


↓こちらはリアルなストロベリー
超絶キュート♡♡
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18460201.jpg
しかし真っ赤な苺を狙ってかなり濃い着色をしたつもりなんだけど
この程度の仕上がりでした
ソイワックスってほんとに白さが強いんだな



で、連休最終日の6日は作成は休んで写真撮影のみ
インスタ風?とか言って

抽象的
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18461206.jpg

いわゆる集合写真
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18462228.jpg

爽やかポートレート
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18463198.jpg

あざとく色加工
5/5 キャンドル研究3日目_c0051850_18464031.jpg
☆ 余談

なんで最終日は作成をやらなかったのかというと

クロゼット化してる6畳の散らかり加減が私の限界を超えて
気が狂いそうになったため
とうとう片づけを始めたってわけ

キャンドル材料の収納スペースを確保できない限りは
気になってこれ以上作業ができません!!とか頭がヒステリックボンバー

しかしそもそもものすごく物をため込んでいるワタクシの家
小手先の片づけではスペースを捻出できないことはわかっているので

処分できるものをより分け
残すものの保管場所をパズルのように組み替えることで
魔法のようにキャンドルスペースを創出したと
(まだ片付け終わってませんけどねー)
(次の土日も片付けだなー)

ギリギリまで来ると魔法を使い出すこの体質がミニマリストへの道を阻むのよ
ウチの押入れは4次元ポケット

CHATO # by b-timai | 2020-05-06 21:42 | 作った | Comments(0)
本日のテーマは

(1) 色材作成の続きと
(2) 蜜蝋を使ったキャンドル作成

ということで


今日は青と緑を2色ずつスタンバイ
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22021860.jpg

紙コップに溶かしたパラフィンワックスを入れて混ぜ
クッキングペーパーを敷いたバットに流して固めます


固まったらテキトーに割って
こんな感じに保存しておく↓

5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22023143.jpg
下段の2色はネットショップでポチッたヤツ



買ったのを見て「なるほど」と思ったので真似して作ることにしたわけ。
というのも

別に粉のまま溶かしたワックスに入れても問題なく色付けはできるんだけど
こうしてペレット状にしておけば粉みたいにまき散らかす心配がないし
スプーンとか使わず手でつまんで量の微調整もできるから、扱いが楽なんだよね。


で、カラーペレット作成後
紙コップに残った色素を再利用して作ったのが


紙コップキャンドルシリーズ第二弾
Ver.寒色
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22025129.jpg
Ver.暖色より全体に濃いめの色づき


↓謎の結晶?ヒビ?が発生

5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22035647.jpg
本日は先に芯をセットするのではなく

固まってから中心に竹串で穴をあけて、
仕上げに芯を通すやり方を試してみました


というのは

いままで作ったキャンドルって、最初に買った仏壇用の細いろうそくの芯を流用してたのね
叶キャンドルを作るのに素材として使った後、残った芯を保存してあって。

だけど実際灯してみたら今私が作ってる直径5cmみたいなキャンドルには
芯が細すぎるみたいで炎が頼りなくて消えそうになったり

なので材料発注第二弾の際に合いそうな芯も注文してあって
届き待ちしてるのです。



姉弟、2ショット
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22030114.jpg



そしてテーマその2の蜜蝋くんはというと

蜜蝋メインに雰囲気35%くらいパラフィンを入れ
更に2~3%くらいステアリン酸を配合(全部目分量)

香りはナチュラル系を意識して精油を添加
レモングラス+クローブでスパイシーな感じ

あとはいつものように固まるまで昼寝して待つ方式

そしたら


おお!パラフィンくんとは趣が違う!!

真ん中が全然へこんでなくて
周囲が縮んで勝手に型からはがれてる
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22031774.jpg


んで、型から出して思わずうなっちゃった
このつやつやテクスチャー



ずいぶん美形じゃないです?!
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22033273.jpg
かわいい・・・


というか

美味しそう・・・。
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22034386.jpg

・・・なんて、デレついてたらこの後事件発覚。


なんとVer.寒色の芯通しの穴が、底まで貫通してなかったことに気づいてしまい

あわてて竹串を刺してキリキリこじ開けようとするも
ワックスは完全に固まっていてびくともしない有様

えー、と思ってしばし考えた結果


↓竹串をそのまま芯にしてみた
5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22041384.jpg
あら、結構いい感じ♡



・・・と思ったのもつかの間
やっぱ吸い上げが弱いらしく消えそうになったので

強引に二刀流

5/4 キャンドル研究2日目_c0051850_22042251.jpg

そんな
計画にはない実験が本日のおまけってオチで

CHATO # by b-timai | 2020-05-04 23:28 | 作った | Comments(0)

5/3 研究初日の成果

連休2日目の朝


やっぱかなづち持って外で暴れるのはダルいよね・・・と思って
他の方法ないんかなーと考えてたら

そういえばですよ、と思い出し調理道具の引き出しからスケッパーを発見。
お菓子作り用に買ったけど一切使ってなかったやつ。

ステンレス製の頑丈な造りに期待をかけ
パラフィンのブロックに体重を乗せて押し切ってみれば
見事ボロボロっと崩れていくでかい塊!
マーベラス!!

大喜びでパラフィンと蜜蝋の塊をそれぞれ小さくして、溶かす前の下ごしらえができました。

*ちなみにパラフィンは硬いけどもろく、ある程度力を加えると崩れるんだけど
蜜蝋は粘度があって最後まで崩れないので圧で押し切るという違いがあった。


☆余談

一番おっくうに感じてたところが片付いたので、一旦作業はブレイクし
ご褒美に散歩がてら駅前に出かけ、乃が美の生食パンを初めて買ってみました。
ハーフ(1斤)が売り切れてたので2斤のを買って
「美味しいうちにひとりで食べきれるかなあ・・・。」と思ったんだけど

全く心配いらなかったね。
むしろ一気に2斤いきそうになってキケンだったくらいマジで美味しかったわ。


☆話戻して

駅前へ向かったのはダイソーで
本日の作業に使う紙コップを調達するためでもあったのですが
まあ紙コップだけですむわけなくて色々買ったよね。

・試飲サイズのミニ紙コップ(60個入り)
・ミニマグ×3個 ピンク ブルー ブラウン(流し込みキャンドルを作ろうと)
・シリコンモールド 猫×2(1個のつもりが間違えて同じの2個買ってた)
・シリコンモールド サシェ用×2個 星型 ラウンド型
・デコパージュペーパー
・ステンレス湯煎ボウル


湯煎ボウルを使ってみたら、あっチュー間にワックスが溶けるのに感動
すごい作業効率があがった
5/3 研究初日の成果_c0051850_08430551.jpg

本日のテーマのひとつは
色材の使い方チェック
5/3 研究初日の成果_c0051850_08450991.jpg
↑中央列の3色をワックスに混ぜてみたところ・・・


↓なじむヤツと沈むヤツが判明

5/3 研究初日の成果_c0051850_08434229.jpg


↓この食用色素って水にも油にも溶けるんだけど
ワックスにはなじまず沈殿してるのがわかりますでしょうか
(溶けてないから発色もおかしい、本来は鮮やかな真紅になる)
5/3 研究初日の成果_c0051850_08435113.jpg
でも、すごい小豆っぽい質感が出てるので
和スイーツデコをやるのに使えそう



↓色付きリップとか作る時に使うセリーニは
さすがきれいに混ざってます
5/3 研究初日の成果_c0051850_08440187.jpg



そして本日のテーマその2
シリコンモチーフ型の使い方チェック


ねっこの型!!と思って
喜んでたら間違えて2個もカゴに入れてたこちらのモールド




↓ハイ、何を作ったのか全くわかりません
5/3 研究初日の成果_c0051850_08441048.jpg


↓こちらはミニミニビスケット

長辺が2.5cmというサイズもあいまって
まるでサクマ式ドロップスのようである
5/3 研究初日の成果_c0051850_08441890.jpg
・・・猫もビスケもパラフィンワックスの半透明な質感では生きないことが爆わかり・・・


というわけでなにをするかと言えば
キャンドル材料の再発注でございます。
やると思ったよ・・・。

白くマットな質感を求めてソイ(大豆)ワックスをメインに
また色々とポチってしまったわ。
多分5日には届くと思うのでそしたらまた記録するから。



で、最後に
残ったワックスやこの日写真に写した色素を使い
ミニ紙コップを型にして
手持ちの香水(好きだけど今は使っていないイル・バチオ)を使用した
アロマキャンドルを作成


一晩放置しての今朝
紙コップを剥がしてみたところ↓
5/3 研究初日の成果_c0051850_08444378.jpg

あらかわいい
5/3 研究初日の成果_c0051850_08445324.jpg
ピンク系のグラデーションが使った香りにお似合いでしたよ。

CHATO # by b-timai | 2020-05-04 11:47 | 作った | Comments(0)