過去の私がやってくれた

去年壱岐に行った時の写真を発掘してみたら
過去の自分に飯テロかけられた状態で・・・

なのでバモスご飯写真館、2泊3日の食事から抜粋。

c0051850_11005620.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11011242.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11012267.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11013693.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11015193.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11021140.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11023286.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11024927.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11025786.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11033293.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11034130.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11035054.jpg
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
c0051850_11040022.jpg
平山旅館のお料理は質・量ともにゴイスー。
胃袋もう一個欲しいって思うヤツ。


そして6枚目のウニ丼は郷の浦の確か「みうらや」ってお店なんだけど、
なんせ朝から平山旅館のファビュラスな朝飯をがっつりいっちゃった後で
とても普通サイズを食べられる状態ではなく
ミニ丼を注文したんです。
が、それでも十分新鮮なウニを満喫できたさー。



CHATO # by b-timai | 2018-09-17 11:14 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

この調子だとそのうち巴里へ

3連休は関東近郊で小旅行でもすっかと目論んでいたのですが
その直前に10月に壱岐で開催の縄文祭の告知と募集がかかり
なんか即決で行くことに決めたので(しかも思わず一番高いフェニックスエリアを購入)
(チケットゲット前日に福岡行の飛行機は押さえたけど壱岐へ渡るジェットフォイルが満席)
(まあまだ1か月あるからキャンセルを拾えるつもりでいる)

じゃあ近場で遊ぶか、なんなら家の片づけでもしといた方がいんじゃね?って

思った割に初日銀座へ行ってZARAで秋物を買い込んでしまったり。

今日は意味不明に秋葉原な気分になり
前職の会社のショップを覗いたり、ドンキのコスプレコーナーを覗いたり
上野方面へ歩いてる途中に見つけた刀剣乱舞ストアを覗いたり
湯島天神に入ったらちょうど結婚式だったり

本郷三丁目あたりの町並みが歩いててすごく落ち着くなあと思いつつ
地下鉄で神楽坂へ行き(紀の善の抹茶ババロア狙い)
地上へ出たらお祭りしてたり

道が超混みだったし紀の善も超混みだったけど
たいして待たずに抹茶ババロアを食べられて

せっかく神楽坂へ来たから東京大神宮もお参りして帰宅。


神楽坂はけっこう変わってたなー。


壱岐は去年の10月に初めて行って平山旅館へ泊ったんだけど
今年の10月は野宿(笑)だからね
寝袋で天の川を見るとかいういつかやってみたいと思ってたことが
ここで叶うとはねえ。

CHATO # by b-timai | 2018-09-17 01:08 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

今更な発見

今日は夕方から平和島HY TOWNへ。2日前に告知されたHAPPYちゃんバースデー企画に参加するのに。

会場はライブハウスでスタンディング仕様(ただし床に座ってる人多数(笑))。
10月11月は久しぶりにばくちくスタンディングツアーに参戦するから、ちょっと感覚を戻すのによかった。

で、そこで何に気づいたのかというと。


HAPPYちゃんが「せっかく来たから隣や近くにいる人と友達になっていって」って言ってたんですよね。以前の私であれば「ですよね!」とか思って周りに話しかけたりもしたもんなんだけど。

ここ2年程そういうのをひととおりやった結果、自分はそういうことを求めてないと自覚してて。
だから今日もやらなかったんだけど。

そこでふと「私はいったい何を求めてこういう場に来てるんだ?」って考えたわけですよ。

HAPPYちゃんや他の人たちの理論は面白いし、聴いたり読んだりした時は「確かに!」とか思うんだけどすぐ忘れるし、自分なりに実践はしてるけどそんなに熱心なわけでもない。
HAPPYちゃん本人と個人的に話をしたいとか交流を持ちたいとかも思わない。


・・・そして気づいた結論。

「日光浴とか温泉と同じ感じ。」

気持ちいいのを体験的に知っているからそのエネルギーにあたりに来てるってことなのよねー。
HAPPYちゃんのエネルギーはハンパない、大きいし軽い。

他にものすごいと思うのは叶姉妹ですけど。


ちなみに、私が友達に求めるものは「どうにもこうにも興味深い」対象であることで
なので好き嫌いとは重ならないところもある。
基本人間に全然興味がないので、興味を惹かれること自体が珍しいんですよね。
一気に寄って行って気が済むとぱっと離れる、実に自分勝手な・・・(笑)。


そしてもう一個気づいたこと。

見てるのは大好きだけど自分がジョゴするのはめんどくさくていや
歌うの大好きだけどホーダでグンガ持つとか絶対いや
そんなんでなんでカポエイラを辞めずにいるのか傍から見たら謎だと思うんだけど

・・・だからエネルギーにあたりに行ってるんですってば。

マジで猫と同じだ、ノリが。



CHATO # by b-timai | 2018-09-09 22:36 | 容れ物と中身 | Trackback | Comments(0)

コンビ名はメリー&ハリー

とうもろこしとかジャガイモは鍋でゆでる派だったんですが
今年は暑さに負けてレンジ調理を始めたんですけど。

やってみるとやっぱり超手軽。意外と仕上がりも悪くないしさ。

よく洗った皮つきジャガを適当に切って3分チンしたものと
塩コショウで焼いた豚ロースを交互に並べ
上にちょいちょいと濃い目な味付けのきのこソテーを乗せて
お弁当に持って行ったらなんか感動するほどおいしくてさあ。

芋・肉の組み合わせなのでご飯なくても腹保ちいいし。
付け合わせはトマト、
更にとろけるチーズを乗せてもよいでしょうね。


ずっとお昼は買い食い、夜も外食がちでしたが
ここへ来て自炊を再開しようと思うのには理由があり、
自分で作ると当然自分の好きな味になるから
「なんかおいしいんですけど」って思ったことと
(←だから自炊が続くとパターンが決まってしまって違う味が食べたくなるともいう)

ばくちくスタンディングツアー、仙台がチケット取れたのでグランクラスに乗らねばならず

次の週末には長野の温泉に行くんですけど
長野って在来線で行こうとすると冗談みたいに時間がかかるんですね。知らんかったし。

なので新幹線の予約サイトを見てたらちょうどいい時間は、
グリーン車の割引率がよかったのでそれで予約取ってみたり

今まで夜行バス専門だったところにこういう選択も入ってきたりして
ただでさえ楽しいお出かけに新しい試みをする楽しみも加わって、つまり

またもやお出かけブームがやってくるんではないかという予感がするものですから

そういうわけで、お金の使い方にもメリハリをつけて行こうかなあなんてねー。


それにしてもタオルケットを洗ったらものすごい勢いで乾いてしまい
こんな日の昼間に外へ出たら命が危ないとマジで思う。
しかしこれからスーパーへ日用品の買い出しに行こうと思うのです。
命知らずの大冒険やで。

無事帰れたら豚足のゆで汁再利用で冬瓜のスープを作りつつ
自分は水風呂へ浸かってその後ヘナをする。
地味に完璧な休日。

CHATO # by b-timai | 2018-08-26 14:08 | 茶飯事 | Trackback | Comments(0)

必要なもの

今日はすばらしい筋肉痛、主に背中、そして太もも。

昨日レッスン後の自主練タイムに虎先生ときりんさんが並んで卍スクワットをやっていたので、見様見真似でやってみたら(前に出した足を戻す時にかかとで地面をけって戻ってくるのがコツ)ほんの数回で太ももがこの有様。とんでもないです。

背中から首の筋肉痛は、普段のデスクワークで固まってたのが動かされてのアレなんですかねー。

でも頑張って午前中から美容院に行って髪を切った。美容室ジプシー中なんですが、前回、前々回とハズレだったのね。でも今回は当たりだった気がする。

今回の美容室はおじさん美容師さんが2人でやってるところ。うるさくないしバカっぽくないし(←これが意外とない)、仕上がりもすごく気に入った(←意外とないよね)ので、次回はパーマも行ってみようとぞ思ふ。


その後ドラッグストア行ってお菓子のまちおか行って、チャリ乗って業務スーパー行って、最後にほっともっとでお弁当も買い、ウチに帰って食べて寝る。起きて洗濯して刀剣乱舞のイベントをこなす。最高。


最近一個「どうなの」と思っているのは、「着たい洋服のイメージがない」ことで。
やりたかったオフィスカジュアルはやれて満足したけど、もっと純粋に「こういうのが着たい!」っていうのは永らくないよねーって感じ、つまり着る場所がないからイメージが出ないんだけど。

ばくちくライブって言ってもファンがみんな大人になってるからさあ、突拍子ない格好の人もいなくなっちゃっててねえ。

叶姉妹みたいなドレスも着てみたいが体がついて来てないしなー。
あのバディあってこそのドレスだもんなー。


そして思うに、服だけ変えても髪型が日常だと全然ダメじゃないですか。
もっと気軽に髪に手をかける習慣を持ちたいな、というわけでやっぱ気に入った行きつけの美容室が必要なのであった。

CHATO # by b-timai | 2018-08-19 21:48 | Trackback | Comments(0)

生きた心地がしない(いい意味で)

突然空気が秋になって、ただここにいるだけでうっとり。快適すぎて天国なのか?と疑う。

夏が大好きなんですけど、それとは別に、体に刻み込まれた記憶のように
秋の空気がしっくりきすぎる。
普段思い出さないのに実際に触れると「あああ、これこれ・・・。」ってじんわり来るのが
この秋の空気と、北海道に帰った時の空気なんですよね。
なんか死んだらこんな気分になりそうだなとか思う、帰ってきました感。


この夏は寝苦しい時期が長かったので、こんな気温だと気絶級に爆睡できてしまい
土曜深夜というか早朝にチャージ完了で目が覚めた。
で、おもむろになにをしたかというと、温泉旅行の予約。

雑誌をめくって行先を探ってたら、一度行ってみたいと思ってた宿を再発見し
ネットで予約完了。仕事してナットクしたのでそれからまた寝た(笑)。

他にはばくちくライブハウスツアーのチケットを先行予約で申し込んでて、
仙台がとれたら東北新幹線のグランクラスに乗りたいな、と目論んでもいるんですが
最近抽選に外れることが多いからどうなることやら。


で。この気温だったらカポレッスンもイケルよね!と思って1か月以上ぶりに出たら
この気温でもすごい発汗量だったけどさー。
レッスン出てないと普段の生活では全く動かないから膝の裏とか固まってるんだよね。
会社のトイレでたまに蹴り練習はしてるけど。


そうだ、トイ練といえば、一度すごいクレーマー電話をとっちゃって
行き場のない怒りを発散させようとトイレで蹴りまくってたことがあるんですが(笑)
その時はすんごい蹴りのキレがよかった(当社比)のにウケた。
それと自分の目つきのギラギラさ加減にびっくりしたけどね。
まあ普段怒ってる時にわざわざ鏡見ることってないからねえー、
怒った自分がそんな凶悪な目つきをしてるってことに気づいてビビったわ、って話。


話戻すけど、今日のレッスンでアウーセンマォンの課題があって。
腰を傷めて以来ジャンプ系は着地の衝撃が怖くてやれなかったんですけど
なんか今日は平気なことに気づいて「え?」って感じ。

ずーっと避けてきたから飛ぶ用の筋肉が0に近くなってて、
ジャンプの高さはないんだけど
それにしても着地にも飛び上がる時も全然腰に違和感が出ない。

「なにこれなにこれ」つってひとりでピョンピョン跳ねて喜ぶワタクシ。
マジなのかー。こんな日が来るとは思わなかったんだけどねえ。
去年10月から右肩が不調で体重乗せられないんだけど、これもそのうちどうにかなるのであろうよ。

まあそれでもレッスン後に腰に疲労が来るのは相変わらず。
だけど回復するまで休めておけばそれ以上悪化はしないからさ。
湯船に浸かってまったりしようっと。

CHATO # by b-timai | 2018-08-19 01:00 | 茶飯事 | Trackback | Comments(0)

お・ぼん ぼん

キャパ超えで少々調子を崩しつつも、退屈は全くしてなかった春からこっち。


私、一時期「視える能力」が開いたらいいなーと思っていたのですよね。
視えるって、いわゆる龍とかエネルギーとか。

エネルギーについては「??!」ってことがたまーにあったりしたのですが(後述)、龍とか天使とか妖精とか、そういう存在を具体的に感じることはほぼなく。

チッつまんねーなーと思っていたのですが、新しい仕事を始めて以降それをつまらんと感じることがなくなってさ。

要するに、やっぱり退屈だっただけなのね、と納得してしまいましたとさ。
そうなのよねー、今まで自分が持ってなかった感覚を得たら面白いだろうなと期待していたんだもん。
だって五感のような感覚がひとつ増えるわけだよ?
使いこなす方法を見つけようとか、めっちゃ入り込むに決まってるよね。

だがしかし、なんでもいいから退屈してなきゃ私は満足なのである。
なんかもう、生きる意義がそこなんだと理解し自覚した。


ということと同時に、龍は見えないけど対人間についてはある種感じ取る能力が強いのかも?と再確認したみたいな。
他の人も当然感じているだろうと思ってたことが、そうでもないらしいと気づいたというか。

とは言っても、自分と他人の感受性を並べて数値化とかできないからさ(笑)
あくまで私が他人の反応から推測するだけのふんわりしたものですけども。
例えば、エネルギーは視えても相手の考えていることはわからないんだなあみたいなことなんですが。

エネルギーが視えてたら当然相手がどういう人物かわかるんだろうという思い込みが私にはあったっぽい。
「この人顔と腹が全然違う」とか、会って30秒でわかることが、視える人にはわかってなかったらしい?とかさ。

要するに、感じ方や能力の方向はほんとうに一人一人違うんだなーって腑に落ちた感じ。
視力だけを例にとっても、近視や乱視、遠視に老眼(笑)、弱視や視力がない、色の見え方が違う、とか色々あるわけで、しかも多分視力が同じ1.0でも、どう見えてるのかが実は全員違うんだと思う。


だから自分の感じ方が「そう」なんだよね。正解とか誤りとかじゃなくて比較ができない「それ」。

というわけで、人類全員チャネラーの世界はすぐそこでしょう。と思います。
話に飛躍がある?
そうでもないと思うよ。


先にちょっと言ってた、私が珍しく他人のエネルギーについて感じた体験を書きます。


とあるスピ系の集まりで、隣にいた男性について突然
「あれ、この人着ぐるみが浮いてきてる」って思ったんですよね。思ったけど意味わからなかったし別に誰にも言わなかったよね。

その後、彼の外見にものすごい変化があって。
素朴、とか民族風みたいな雰囲気からすごくスタイリッシュでシュッとした感じに変わって行って。

具体的に変容後の姿が視えたとかでは全然なく、
隣にいた彼がちょっと前かがみになる動きをした時に、本体と上に被っているものがずれた感じがして「着ぐるみが浮いてる」って空気を感じただけなんだけどさ。

後から思い返して「へー」って感じ。

CHATO # by b-timai | 2018-08-12 21:39 | 容れ物と中身 | Trackback | Comments(0)

日記と覚え書き           

BY CHATO